株主優待で生活を楽しむ

株式の代表的な運用の仕方は安い値段で買って高い値段で売ることです。その値段の差が儲けとなります。多くの人がそのようにして投資活動をしていますが、個人投資家の中には株主優待を目的に持っている人もいます。株を持っているだけでクオカードなどの金券や、対象店舗の割引券や商品券をもらうことができます。普段よく行く店舗の商品券が入手できれば、お得に買い物をすることができます。お金以上にわくわくするのが自社製品やカタログギフトを贈ってくれる会社です。普段はあまり買わないようなものが送られてくることもあり、いつもと違った気分が味わえます。そのほかにも年に1度か2度、配当がもらえます。銀行にお金を預けているときの利子よりもお得になります。ただし、業績が悪いときは無配当となることもあります。
株を購入するとなると、たくさんの資金が必要だと思う人もいますが、必ずしもそうではありません。中には1万円くらいで株主優待を受けられる会社もあります。10万円もあれば、たくさんの会社が候補に挙がってきます。また、人気の株主優待の制度がある会社の株は値段が下がりにくいといった特徴があります。売買益が目的の投資家は業績の悪化などの悪情報が出るとすぐに売ってしまうのに対し、株主優待が目的の人は少々の悪い材料が出ても株を持ち続けるからです。そのため、もしも株主優待が不要になった場合は売っても損失が少ないことが多いです。値上がりしていた場合は得をすることもあります。
株主優待だけで生活することはできませんが、生活の質をほんの少し向上させることは可能です。もしも使い道の決まっていないお金があったら、株を購入してみるのもよいでしょう。
■まずはここから
株入門
■投資で失敗しないために
こだわりの投資顧問ランキング!
■オススメ株主優待情報
株主優待の上手な使い方