ファーストリテイリング株価とニプロ株価と株主優待

ファストファッションで有名な「ユニクロ」を運営しているのは、株式会社ファーストリテイリングです。同社はユニクロのほか、ジーユーなどのブランドも展開しているアパレル企業で、低価格帯商品の開発や販売を手掛けます。2015年10月8日に同社が発表した、同年8月期の決算短信によれば、国内ユニクロ事業における連結会計年度の売上収益は7,801億円で前期比9%増、また営業利益は1,172億円で前年比10.3%増となり、過去最高の業績となりました。同社株の過去およそ半年間の値動きは次の通りです。2014年4月中旬には5万円前後だった株価は、その後に右肩上がりの推移を続け、7月30日には年初来高値である6万1,970円を記録しました。しかし、その後は下落基調となり、4か月ほどの間で1万8,000ほど値を下げてしまいました。2015年10月26日現在、同社の株価は4万4,000円となっています。なお、同社株については、株主優待制度はありません。
次に取り上げるのは、医療機器大手のニプロ株式会社です。人工腎臓の開発や販売に強みを持っており、後発医薬品や再生医療研究なども手掛けています。では、ニプロ株価のここ半年ほどの値動きに注目しましょう。2015年5月半ばに1,200円前後であったニプロ株価は、徐々に値上がりを続けてゆき、8月20日には1,504円という年初来高値を付けます。しかし、以後は値下がり傾向に転じ、約2か月間で300円ほど値を下げてしまいました。2015年10月26日現在、ニプロ株価は1,239円です。なお、同社は株主優待制度を実施しています。1,000株以上を保有する株主に対して、継続保有期間に応じた株主優待が用意されています。1年以上の保有者にはギフトカード5,000円分、3年以上で同じく1万円分、5年以上で1万5,000円分が進呈されます。