ヤクルトの充実した株主優待内容と権利確定日

乳酸菌飲料大手のヤクルト本社(東証1部・証券コード2267)が実施している株主優待は、ファミリー向けの内容で好評です。ヤクルトの株主優待は3月と9月の権利確定日により年2回実施していますが、優待内容は期末ごとに異なります。まず3月期末の優待内容は、100株以上の保有で自社商品詰め合わせの中から1点選択できます。商品詰め合わせの選択品目は、ジュース詰め合わせ、乾麺詰め合わせ、化粧品詰め合わせの3種類。乳酸菌飲料メーカーの優待に乾麺があるのは意外ですが、フルーツジュースと野菜ジュースの詰め合わせは、お手の物でしょう。女性にはヤクルト化粧品がラインアップされているのは魅力的に映るはず。なお、1,000株保有の場合は詰め合わせの内容がグレードアップされます。さらにヤクルト本社は長期保有優遇制度も実施しており、3年以上保有の株主は詰め合わせから2点選択することができます。3月権利確定日の優待は自社商品を知ってもらうための内容といえます。家族でどれを選ぶか会議を開くのも楽しそうです。一方、9月権利確定日の優待内容は、もう一つの売りであるプロ野球公式戦観戦優待です。東京ヤクルトスワローズの神宮球場での公式戦の外野自由席のチケットが配布されます。100株以上で年間2試合、1,000株以上で対戦するセ・リーグ5チームにつき各2試合、それに交流戦2試合の計12試合分の年間配布となります。自由席とはいえ、年間12試合観戦できるのはかなりお得といえます。9月の優待はヤクルト球団のファンを増やすための優待内容といってよいでしょう。2015年は東京ヤクルトスワローズがリーグ優勝を果たしており、まさに旬の株主優待といえます。なお権利確定日は月末から数えて4営業日前(2015年9月期の例では9月25日)になりますので確認してから投資することが必要です。